<2020 BachFlower> 12人の花の癒し手 〜 12Healers〜 [12Healers2020]

<2020 BachFlower> 12人の花の癒し手 〜 12Healers〜 [12Healers2020]

販売価格: 384,000円(税別)

(税込価格: 422,400円)

希望小売価格: 480,000円

在庫わずか
受講方法: 在庫
広尾会場
ウェビナー受講

販売価格: 384,000円(税別)

(税込価格: 422,400円)

希望小売価格: 480,000円

席数:

商品詳細

 

【1年間に12人だけとじっくり向き合います】
 
2020年
12名限定 スペシャルプログラム
 
<2020 BachFlower> 12人の花の癒し手 〜 12Healers〜
 
 
バッチフラワーレメディが好きで仕方がない
ワクワクやドキドキが止まらない
人に伝えたくてたまらない
その先に必ずある仕事の成功
 
12のチャレンジ。
12のゼミナール。
バッチフラワーレメディをひたむきに学ぶ1年間。
こんにちは、広尾88アカデミーのアズ直子です。
植物から採取したエッセンスを飲むと、
マイナス感情が穏やかに消えていく。
 
英国で生まれた植物療法、
”バッチフラワーレメディ”。
 
このセラピーを仕事にして21年目になります。
これまで30万本以上のレメディを、
日本中にお届けしてきました。
 
本当に一生懸命この仕事を続けてきてました。
 
これまで5冊の本を出版し、 日本中で講演活動も行なってきました。
広尾にオフィスを開設して、 たくさんの受講生をお迎えするようになりました。
充実した日々でしたが、 あまりにも忙しい生き方でもあり、
ここで一度立ち止まって、丁寧に確実に、
バッチフラワーレメディを扱う方を、
育成したいと思います。
 
2020年、
今までやったことのない、
でも、私がどうしても必要だと思うことを、 してみたいと思います。
 
 
私が代表を務める広尾88アカデミーは、
バッチフラワーレメディの業界では、
もっとも古い部類に入るスクールです。
 
スタートは個人事業主として1998年から、
その後2003年に法人化、
2014年に渋谷区広尾にオフィスを開設して、
現在にいたっています。
 
バッチフラワーレメディを、
しっかりとしたコンテンツで学び、
その資格にも重みと公正さを備えるために、
一般社団法人も創設し、
 
バッチフラワーレメディの普及に尽力をしてきました。
 
通常の認定講座は、
基礎を学ぶベーシック講座2日間、
 
対人支援方法と、
バッチフラワーレメディの応用を学ぶ、
アドバンス講座2日間、
 
そして、
物販、相談業務、イベント、講座など、
様々な方法でバッチフラワーレメディを仕事にする、
基礎から実践までを学ぶプラクティショナー講座2日間
 
以上6日間で構成されています。
 
 
再受講は何回でも受け入れていますし、
自宅で学べるようウェビナーも完備しています。
 
受講生の皆さんは一様に熱心で、
繰り返し学び、探求していくことを厭いません。
 
私たちも、
この世界の第一人者と言われる先生をお招きして、
月例勉強会を開くなど、
学習環境を整える努力を続けてきましたが、
 
その向学心に応えるためにも、
実際に「仕事」が成り立つためにも、
 
もっと様々な視点から、
学びを深めていく必要がある。
 
ひとりひとりに合った、
学び方があるといつも思ってきたのです。
 
 
私がチャレンジしたいと思っているのはこんなことです。
 
 
● 売り上げや集客を気にせず学びに集中すること
 
● その学びでは必ず変化を起こせる実力を養うこと
 
● 様々な仕事の仕方や取り組み方を知っていただくこと
 
● 同じ講義を繰り返し聞くだけではなく、その度違う課題を用意すること
 
● 一人の講師ではなく、 実力のある講師チームでカリキュラムを作ること
 
● 本、活躍している人、会社など、
 様々なところから学んでいただくこと
 
● 超少人数でひとりひとりの進歩を、
 しっかりサポートすること
 
● 一過性の習い事ではなく、人生に残る学びとすること
そこで、
来年、私はプロ養成に専念をするために、
基礎クラス(ベーシック・アドバンス)の担当を離れ、
インストラクターの中でも活躍めざましい先生方4名に、
基礎クラスの講義をお願いすることにしました。
 
私が担当をするのは、
プロ育成のための、
プラクティショナー講座のみとなります。
 
2020年、プロ養成コースは12名の限定募集とします。
 
ひとりひとりのレベルや方向性を把握するには、
この人数が上限と考えています。
 
下記のサイクルで、
受講生は年に4回同じ講義を聴講できますが、
 
1年間で確実に成長できるように、
毎回、違う課題を設定します。
 
また基礎クラスの講師も毎回講師も違うので、
各講義の違いを楽しむことができます。
これはとても勉強になる経験となるはずです。
 
全ての日程への参加は必須ではありませんが、
ベーシック、アドバンス、プラクティショナーに、
各1回参加すると、認定証が発行されます。
 
例)
まずは聴く→調べる→発表する→考察する など
 
1月 ベーシック
2月 アドバンス
3月 プラクティショナー
 
4月 ベーシック
5月 アドバンス
6月 プラクティショナー
 
7月 ベーシック
8月 アドバンス
9月 プラクティショナー
 
10月 ベーシック
11月 アドバンス
12月 プラクティショナー
 
 
さらに、私が認定講座だけでは足りないと感じていた、
仕事に必要なノウハウを、
12回に分けてウェビナーで講義します。
 
 
ビジネス講座を学ぶほど重くはなく、
バッチフラワーレメディの認定講座では、
触れる時間が全くなかった部分を中心にお伝えします。
 
グループセッションを中心とした勉強会、
オンラインゼミナールだと思ってください。
 
絶対に扱いたいと思っているのは下記のテーマです。
 
・集客方法
・SNSの活用方法
・レメディの販売を伸ばす方法
・筆力アップ(ブログの書き方など)
・ファンやコミュニティの作り方
 
2020年のスケジュールは下記の通りに決定しています。
 
全日程に参加できるほか、
バッチフラワーレメディ関連書の翻訳家である、
谷口みよこ先生ご担当の月例勉強会にも、
毎回1,000円で参加することが可能になります。
 
 
2020年 バッチフラワー認定講座
日程&担当講師 一覧
 
ベーシック講座
12:00〜18:00 × 2日間
01月13日(月)・14日(火)高橋 晴子先生
04月11日(土)・12日(日)岩村 朋子先生
07月13日(月)・14日(火)冨岡 悦子先生
10月10日(土)・11日(日)平塚 英子先生
 
アドバンス講座
12:00〜18:00 × 2日間
02月10日(月)・11日(火)高橋 晴子先生
05月23日(土)・24日(日)岩村 朋子先生
08月24日(月)・25日(火)冨岡 悦子先生
11月14日(土)・15日(日)平塚 英子先生
 
プラクティショナー講座
12:00〜18:00 × 2日間
03月28日(土)・29日(日)アズ直子
06月20日(土)・21日(日)アズ直子
09月26日(土)・27日(日)アズ直子
12月05日(土)・06日(日)アズ直子
 
 
アズ直子ゼミナール(ウェビナー)
21:00〜22:00 1回/月
 
01月14日(火)
02月11日(火)
03月10日(火)
04月07日(火)
05月19日(火)
06月16日(火)
07月14日(火)
08月11日(火)
09月15日(火)
10月13日(火)
11月17日(火)
12月08日(火)
 
 
 
 
(受講料)
 
一括お支払:384,000円 (定価480,000円)

(税別 / 定価の20%オフ)

クレジットカード利用可
 
 
 
参考:
認定ベーシック・アドバンス・プラクティショナー
合計金額は245,000円(税別)です。

 

Facebookコメント